Google広告の最適化案は100%にした方がいいのか?

Google広告の最適化案は100%にした方がいいのか?

アガルトマーケティング代表の春田です。

今回はGoogle広告の最適化案は100%にした方が良いのか?について解説します。

すべての最適化案に従う必要はない

最適化案はGoogleが自動的に判断して最適化案をだします。運用初心者で何を変更したら良いのかわからないという方は参考にするべきでしょう。

基本的には、正しい最適化案をだしてくれる事も多いですが、反対に必要ではないと思われる最適化案も多くでてきますので、取捨選択をするべきです。

正しいと思われないGoogleの最適化案

Google最適化案

上記の最適化案では、「ヒバライ」というカタカナを追加しましょう。という最適化案になります。
この「ヒバライ」というキーワードは「日払い」を指しているのでしょう。

カタカナでの「ヒバライ」は不要である事は追加しなくともわかるかと思います。尚且つ右上に表示されている、
+9.9%は、最適化案にプラスされる数を示しています。到底「ヒバライ」のキーワードで9.9%ものインパクトが変更によって起こるとは考えられませんね。

上記のように、正しいとは思えない最適化案もありますので、お客様の要望で最適化案を100%にして欲しいということでなければ、それぞれの案で効果があるかを考え選択される事をおすすめします。

まとめ:Google広告の最適化案は100%にした方がいいのか?

いかがでしたか?今回はGoogle広告の最適化案は100%にした方が良いのかどうかという点がポイントとなりました。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。