Google広告はどこに掲載される?掲載先について徹底解説!

Google広告はどこに掲載される?掲載先について徹底解説!

アガルトマーケティング代表の春田です。
「Google広告を始めたいけど、そもそもどんなところに掲載されるんだろう?」
上記のような疑問がある方は読み進めてください。Google公式情報を交えて正確に解説します。

Google広告はどのようなところに掲載されるの?

Google 広告では、広告のターゲット設定、ターゲットとするユーザー、広告の種類に応じて、ウェブ上のさまざまな場所に広告を掲載できます。 Google公式情報より

解説)Google広告は、さまざまな場所に掲載することが可能でOCNやBIGLOBEといった検索サイトにも、Google広告の設定から「検索パートナーを含む」にチェックを入れることによって掲載可能です。

Google広告だけで、あらゆる検索サイトやウェブページに広告を出稿することが出来ます。

Targeting channels

Google 検索設定の流れ~他の検索サイトへの掲載も可能~

お客様が提供している商品やサービスについて検索したユーザーに広告を表示することができます。広告を作成する際に、一連のキーワードを設定します。キーワードとは、広告掲載のきっかけとなる語句のことです。キーワードに設定された語句でユーザーが検索すると、検索結果の上か横にテキスト広告が表示されます。 Google公式情報より

解説)今までGoogle広告を利用された事がない方に、Google広告のイメージとして覚えていただきたい大まかな流れをお伝えします。

1.キーワードを決定(どのようなキーワードで検索した際に広告を表示させるか)
2.広告文を決定(広告の見出しと広告文を作成)
3.どこに広告をだすか?(地域)誰にだすか?(男性・女性)年齢層は?何時に配信するのか?

上記がGoogle広告設定の大まかな流れになります。

Google の検索サイトの場合: Google 検索の場合、広告は検索結果の上や下に表示されます。Google Play、Google ショッピング、Google マップ(マップ アプリを含む)の場合、検索結果の横、上、下に表示されます。 Google公式情報より

Search Network ads on results page

Google 検索パートナーの場合: 広告は、Google 検索パートナーのウェブサイトに検索結果と共に表示されます。テキスト広告は、Google ビデオなどの Google のサイトに加えて、Google 以外の多数のウェブサイトにも掲載されます。 Google公式情報より

解説)冒頭でも先述しましたが、検索パートナーというのは、Googleの検索結果だけでなく、Googleサービス含め、それ以外のサイトの事を指します。(OCN等)もちろん、検索パートナーにも広告掲載することによってリーチを拡大させることができます。

様々なウェブサイトにGoogle広告を掲載可能~バナー広告等~

ウェブサイトを閲覧中のユーザーに広告を表示することもできます。Google ディスプレイ ネットワークでは、テキスト広告、イメージ広告、動画広告を掲載できます。

解説)ディスプレイネットワークは、検索結果の広告ではなく、サイトに表示されるバナー広告(イメージ広告)であると覚えるとわかりやすいでしょう。

テキストタイプでサイトに広告を配信することも可能です。
その場合、Googleディスプレイネットワークのテキスト広告という事です。

検索型広告で配信する場合でも、あわせて【設定】で、ディスプレイネットワークのテキスト広告を配信することができます。

Display Network ads

Google ディスプレイ ネットワークは、広告を掲載するウェブサイトの集まりです(Google Finance、Gmail、Blogger、YouTube といった Google の一部のウェブサイトも含まれます)。モバイルサイトやアプリも、このネットワークの一部です。

お気に入りのニュースサイトや Gmail アカウントに広告が表示されるのは、それらが Google ディスプレイ ネットワークに含まれているためです。 Google公式情報より

解説)様々なサイトに表示されるので、それが無駄配信に繋がる恐れもあります。
ディスプレイネットワークでどのようなサイトに配信されたかを確認することができ、効果が薄いサイトは除外設定することが可能です。

広告は、選択したターゲティング方法に基づいて表示できます。ディスプレイ ネットワークでは、次のような方法で広告のターゲット設定を行うことができます。

提供している商品やサービスに関連するキーワードやトピックを指定する

特定のウェブサイトまたはページを指定する

興味や関心、属性、ウェブサイトへのアクセス履歴などをもとに特定のユーザー層を指定する

詳しくは、ディスプレイ ネットワークでの広告の掲載先をご覧ください。 Google公式情報より

解説)無駄配信をしない為にも、ディスプレイ広告ではターゲティングを設定することが可能です。
例えば、英会話に関するGoogle広告をだしたい場合は、英語に興味がある人に配信するなどです。

また、特定のウェブページに絞って配信することも可能なので、そういった設定をすることで効果を高めることができるでしょう。

様々なデバイス、アプリにGoogle広告をだす

外出先でウェブサイトへのアクセスや検索を行うユーザーに対して広告を表示できます。

モバイル端末やタブレットで Google 検索を利用したユーザーに、テキスト広告が表示されます。

ハイエンド モバイル端末(iPhone や Android 搭載端末など)やタブレットから Google ディスプレイ ネットワークのサイトにアクセスしたユーザーには、テキスト広告、イメージ広告、動画広告が表示されます。

ディスプレイ ネットワークに参加しているモバイルアプリにも広告が表示されます。Google公式情報より

解説)ディスプレイネットワークは様々なサイトに広告を表示させることができ、認知を高めることに最適であると言えます。しかし、サイトによってはミスクリックを誘うような形で広告を表示させる場合がありますので、モバイルアプリで多い。そういった場所に掲載されていないかは注意が必要です。

指定した地域、市、駅周辺、店舗周辺にGoogle広告をだす

解説)テキスト広告の場合、国全体や特定の地域を指定して、その地域のユーザーに広告を表示できます。その地名で検索したユーザーにも広告が表示されます。

解説)地域設定には、

1.住所を入力して半径〇キロで設定
2.地域を入力して設定(●●市●●県)

の2種類になります。
1.は下記画像の一番右。円となっているものが半径〇キロ指定。
2.は下記画像の左と真ん中。地域を入力して指定するものは、しっかり区切られていますね。

また、ユーザーの言語をターゲットに設定して、顧客となる可能性の高いユーザーにアプローチすることができます。複数の言語がターゲットに含まれる場合は、言語別にキャンペーンを作成し、各言語で広告やキーワードを作成します。

画像Google公式情報;https://support.google.com/google-ads/answer/1704373?hl=ja&ref_topic=3121763

解説)言語が異なる場合はキャンペーンをわける事によって、それぞれの言語で整えること可能です。
日本であれば、日本人がターゲットなので、ほとんどそのような設定をする機会はありませんが。

ご紹介したGoogle公式掲載先情報

https://support.google.com/google-ads/answer/1704373?hl=ja&ref_topic=3121763

まとめ:Google広告はどこに掲載される?掲載先について徹底解説!

いかがでしたか?地域の設定は半径と場所を指定した設定が可能であること、Google広告では様々な箇所に掲載可能という事でした。店舗のGoogle広告掲載する際には、半径での地域設定が望ましいでしょう。

Google広告運用のスペシャリストにご連絡を

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。