【Google広告の基礎知識】運用初心者が知っておくべき基本情報について

【Google広告の基礎知識】運用初心者が知っておくべき基本情報について

アガルトマーケティング代表の春田です。

今回はGoogle広告運用初心者の方に向けて、Google広告の運用をする上で知っておくべき基礎知識をご紹介します。

これからGoogle広告の運用を勉強されたい方はブックマークやシェアをされていつでも戻ってこれるようにすることを推奨します。

Google広告のメリット

オンライン広告では、特定のユーザー層にのみ広告を表示し、それ以外のユーザーには表示しないように設定できます。Google 広告では、さまざまな方法で対象ユーザーを指定し、それらのユーザーが広告主様の商品やサービスを検索したときに広告を表示できます。 Google広告公式情報より

解説)Google広告では女性のみの配信や男性のみの配信、また、年齢を絞ってWEB上に広告を配信する事ができます。Googleの検索窓でユーザーが入力したキーワードに対して広告の配信が可能となります。ターゲットを絞った配信をする事が可能な為、広告費用が無駄になりにくい特徴があります。

マーケティング目標の達成する為の手段としてGoogle広告を利用する

ビジネス目標に合わせて広告を作成できるよう、さまざまな広告フォーマットや機能が用意されています。たとえば、クリックできる「通話」ボタンを広告に追加して電話による問い合わせを促進したり、動画広告でブランド認知度を高めたりできます。Google 広告は主に、以下のマーケティング目標に適しています。

ウェブサイト上での行動の促進

実店舗への来店の促進

電話による問い合わせの促進

アプリのインストールの促進 Google広告公式情報より

解説)Google広告では、それぞれの目標に合わせてコンバージョンを設定することができます。
広告表示オプションと呼ばれる、広告の追加機能によって電話番号を広告上に掲載したり、Googleマップが掲載されている箇所にも(ローカル広告)広告を配信する事が可能です。

どのような広告設定があるのか?

Google 検索ネットワーク上で検索結果ページに広告を掲載する場合は、キーワードを指定して広告の掲載対象に設定します。広告はこのキーワードと関連する語句を検索したユーザーに表示されます。1 日の特定の時間帯に広告を表示したり、地域や言語を指定して広告を表示することもできます。

Google広告公式情報より

解説)Google広告では、それぞれの目標を達成することに繋がるキーワード(ユーザーが検索するであろうキーワード)を設定し、そのキーワードで検索された際に広告を表示させます。そして、店舗の営業時間に合わせた広告の配信や、日中の時間帯のみの配信といった時間指定もすることができます。さらに、店舗周辺の「半径〇キロメートルまでの配信」や、県別・市別での配信も可能になる為、効率の良い広告配信が可能です。

ターゲット ユーザーの絞り込み

Google 広告が掲載されるウェブサイトやモバイルアプリ(Google ディスプレイ ネットワーク)や YouTube に広告を配信するときは、ターゲットとするユーザーの年齢、閲覧するサイトの種類、関心がある分野などを指定して、掲載対象をさらに絞り込むことができます。

Google広告公式情報より

解説)Google広告はGoogle検索結果だけではなく、あらゆるWebサイトへ広告を配信する事が可能です。
・検索型広告のディスプレイネットワーク(テキストであらゆるWebサイトに広告掲載)
・ディスプレイキャンペーン(画像/バナー広告をあらゆるWebサイトに広告掲載)

また、どこのサイトに広告が配信されたかを確認する事ができ、特定のサイトへの配信を除外設定できます。
さらに、自社サービス・商材に興味関心を持つであろうユーザーにのみ配信するといったターゲット設定をする事ができます。

これはcookieと呼ばれる技術によって、ユーザーがどのようなサイトを見たかを把握し、広告に活用しています。
自身がGoogleからどのようなユーザーであるか判断されているかを知りたい場合は、下記リンクから確認が可能です。

http://www.google.com/ads/preferences

費用はどのように発生するのか?

広告費用は自由に設定することが可能で、料金はユーザーが広告に操作(テキスト広告のクリック、動画広告の視聴など)を行った場合しか発生しません。ご自分のビジネスに合わせて入札単価を設定できます。

Google広告公式情報より

解説)検索型広告では、基本的にはクリックによって費用が発生します。
コンバージョンとなった場合に費用が加算されるという設定も可能ですが、それにはコンバージョンをデータとして獲得できていないといけないという条件等があります。

Web広告(Google広告)は成果測定がしやすい

広告の成果をすばやく確認して、結果を改善できます。

Google広告公式情報より

解説)従来の広告と比べてGoogle広告などのWeb広告は、どのくらい表示されてクリックされたか、またどれぐらいの割合でコンバージョンに至ったかを確認することができます。コンバージョンの獲得しやすいキーワードを集中的に配信したり、成果のでやすい時間帯に配信したりしてスピーディな結果改善が可能となります。

PC/タブレット/スマートフォンなどのあらゆるデバイスに対応

パソコン、タブレット、スマートフォン、アプリなど、ユーザーが使っているあらゆるプラットフォームを通じて広告を表示できます。

Google広告公式情報より

解説)上記に記載されているように、様々なデバイス(プラットフォーム)に広告を配信することができます。
また、パソコンのみに配信したり、スマートフォンを使用しているユーザーに多く配信したりといった設定も可能です。

Google広告公式情報

https://support.google.com/google-ads/answer/6336021

今回解説したGoogle広告公式情報は上記になります。
Google広告についての問題は上記をご覧になれば解決するはずです。

まとめ:【Google広告の基礎知識】運用初心者が知っておくべき基本情報について

いかがでしたか?今回はGoogle広告の運用初心者が、まずは知っておくべき基礎情報について解説しました。
Google広告、Web広告の概要についてはおわかりいただけたのではないでしょうか?

他記事にもGoogle広告に関しての情報をどこよりも専門的に解説していますので、Google広告の基礎知識だけでなく、もっと詳しくプロフェッショナルを目指したい方は是非ご覧ください。

Google広告のスペシャリストにご連絡を

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

 

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。