広告運用者必読!Googleが推奨する効果的なキャンペーンを設定するコツ【Google広告】

広告運用者必読!Googleが推奨する効果的なキャンペーンを設定するコツ【Google広告】

アガルトマーケティング代表の春田です。
今回はどのようなキャンペーンを設定することがGoogle広告で効果的なのか?という事をテーマにGoogle公式情報を軸に解説していきます。

Googleが推奨する効果的なキャンペーンを設定する方法とは?

それではGoogleが推奨するキャンペーンの最適化についてみていきましょう。

1. ウェブサイトでコンバージョン トラッキングを設定する

コンバージョン トラッキングを使用すると、キャンペーンを詳しく分析して、掲載結果の最適化を図ることができます。コンバージョンを確認することで、広告と接触したユーザーの行動(商品を購入したか、ニュースレターに登録したか、電話で問い合わせをしたか、アプリをダウンロードしたかなど)を把握できます。

広告主様が事前に定義した価値ある行動をユーザーが完了することを、コンバージョンと呼びます。コンバージョン トラッキングを有効にするには:

アカウントのコンバージョン アクションを設定します。
「タグ」と呼ばれるコードをコピーします。
タグをウェブサイトに貼り付けます。
ウェブサイトにコンバージョン トラッキングを設定する方法

解説)Google広告をWeb上に掲載するという事は何らかの目的があるはずです。
・商品の購入
・資料請求
・認知度の向上
等。これらの目的に合わせてコンバージョン設定することによって、どのような広告文で効果があったのか?
どのようなキーワードで効果があったのかを確認することができるようになり、それを元に改善していく事が可能になります。

ツールと設定>コンバージョンからコンバージョン設定する事ができるのですが、設置方法は2種類、
・タグマネージャーを利用して設置
・WEBサイトに直接コードを記載して設置
となります。

効果改善が求められるGoogle広告では必須作業になります。

2. コンバージョン数の最大化などのスマート自動入札戦略を使用する

自動入札では、高度な機械学習を使用して、各広告オークションに最適化した入札単価が設定されます。自動入札を使用すると、入札単価を手動で調整する手間が省けると同時に、掲載結果を高められるため、大半の広告主様がなんらかの自動入札を使用しています。

スマート自動入札は、自動入札戦略の一部で、コンバージョン数やコンバージョン値を重視した最適化を行います。スマート自動入札を使用するには、まずコンバージョン トラッキングを設定する必要があります。コンバージョン トラッキングを使用していない場合でも、クリック数の最大化を目標とした自動入札を使用できます。ウェブサイトでコンバージョン トラッキングを設定したら、キャンペーンの設定を編集して、コンバージョンに基づく入札戦略を使用します。

毎日のキャンペーンの調整にかかる時間を短縮しつつ、ビジネスにとって価値の高いものを重視した最適化ができるため、コンバージョン数の最大化を使用することをおすすめします。

解説)Google公式情報に記載されているように、大半の広告運用者は自動入札機能を利用しています。
コンバージョン数の最大化やクリック数の最大化といった自動入札機能を利用する理由メリットは下記。
・運用コストを下げる事ができて手間が省ける
・人間の管理ではできない細かい調整をしてくれる
・効果改善に時間を割く事ができる
上記のようなメリットがあります。
ひと昔前のGoogle広告運用は個別でクリック上限を設定していた事もあったのですが、それはGoogleの機械が今ほど優秀ではなかったから。現在のGoogle広告の運用方法の主流は、いかにGoogle広告に効率的に学習させられるかという点でしょう。

機械に任せられるところは任せて人間にしかできないところに集中していきましょう。

3. ターゲット設定を広げる

人口の少ない町や限られたキーワードをターゲットに設定すると、キャンペーンの広告がユーザーに配信されなくなることがあります。また、ターゲット地域が大きすぎると、ウェブサイトへの関連性の低いトラフィックが増える可能性があります。ここでは、このような一般的な落とし穴を回避する方法を紹介します。

ビジネスの所在地だけでなく、顧客がいる地域をターゲットに設定する
たとえば、e コマースサイトを運営しているとします。この場合、ビジネスの物理的な拠点だけでなく、配送先のすべての地域をターゲットに設定します。どんなに優れた広告でも、適切な地域で表示されなければ効果は期待できません。ターゲット地域はいつでも変更できます。

解説)上記で記載されている通り、顧客がいる地域をターゲットに設定するというのがポイントです。
上記では通販サイトが例に挙げられましたが、逆に地域密着型で美容室や整体サロンといった店舗であれば、
店舗から近いほうがコンバージョンとなりやすい傾向にあるので、広い範囲ではなく、地域を絞った配信が良いでしょう。
上記でも記載あるとおり、絞りすぎによってリーチが届かないという事も起こり得ます。

関連性の高いキーワードをできるだけ多く追加する

広告掲載にある程度のご経験がある広告主様は、効果の高いキーワード選びに時間と労力を費やします。キーワードを選ぶ際には、ユーザーが検索しそうなありとあらゆるキーワードを想像してみてください。

扱っている商品やサービスのカテゴリを書き出します。
顧客が商品やサービスの説明に使用する可能性のあるすべての語句やフレーズを、カテゴリごとに書き出します。
書き出した語句をキーワード プランナーに入力して、他のキーワード候補を入手し、これらのキーワードを実際に検索しているユーザーの推定数を確認します。
たとえば、男性用のシューズを販売しているとします。「男性用スポーツシューズ」という基本的なカテゴリから始めて、そのカテゴリの中の「男性用スニーカー」や「男性用テニスシューズ」などの関連語句を追加します。「ACME 男性用スニーカー」など、ブランド名や商品名を追加すると、リストをさらに拡大できます。

解説)キーワードを増やす事によって、リーチの拡大を図ることができます。では?考えられる全てのキーワードを設定すべきでしょうか?その答えはNO。
その理由として、1日の予算が5000円と決められている場合、月間で検索されるキーワードのボリュームが多いキーワードに自然と多くのクリックが集中します。それによって、本当はコンバージョンに繋がりやすいキーワードの配信が少なくなり、検索ボリュームがあってよくクリックされるが、コンバージョンに至らないキーワードだと予算の無駄遣いとなってしまいます。

キーワードの選定を行う際はLPに沿ったキーワードになっているか、考えて追加すると良いでしょう。
また、どのようなキーワードにすればいいか迷った場合は、Google広告のキーワードプランナーの活用や、関連キーワード取得ツールといったキーワード選定の為のツールを利用しましょう。

関連キーワードツール
https://www.related-keywords.com/

4. キーワードを複数の広告グループに分ける

広告グループには、特定のキーワードを検索するユーザーに表示される広告が含まれます。キャンペーンには複数の広告グループを設定でき、広告グループごとに広告とキーワードを設定できます。広告の内容は、広告グループのキーワードと直接関連している必要があります。

たとえば、オンライン自転車ショップを運営しているとします。この場合、子供用自転車、スポーツバイク、マウンテン バイク、ロードバイク、ヘルメット、自転車用ロック用にそれぞれ別の広告グループを作成します。子供用自転車用の広告グループには、この商品に関連するキーワードを設定する必要があります。また広告見出しのテキストにはキーワードを 1 つ含める必要があります。

解説)グループで設定するキーワードと広告文を統一させて、関連性を持たせる事が大事という事です。
基本的には1ページ1グループのイメージで広告グループを作成しましょう。
グループを分けるメリットとしては、広告文とキーワードを関連を持たせることができる点です。
グループを分ける事で、検索キーワードに合った訴求をする事ができます。

広告グループを分けるデメリットとしては、機械の学習に時間がかかる点があります。
ひと昔前の日本のGoogle広告は他国と比べて効果が薄かった。その理由は、グーグルを細かく分け過ぎていた点にあります。
グループには、学習データが蓄積されていきます。

極端な例では、1グループ1キーワードという運用もありましたが、現在は機械学習をいかに効率的に進めて自動で任せる運用となっています。

効率的なグループ分けについて学びたい方はhagakure設計について調べてみると良いでしょう。

5. 顧客が購入したいものに直接関係する広告文を書く

テキスト広告では、顧客が購入したい商品やサービスが正確に記述されている必要があります。理想的なシナリオは次のとおりです。

たとえば、ユーザーが「24 時間 花の宅配 ユリ」を検索すると、「ユリの花束を今すぐお届け – 24 時間対応の花の宅配」という見出しの広告が表示されます。ユーザーはその広告をクリックして花屋のウェブサイトにアクセスし、注文を完了します。

解説)ユーザーの検索キーワードの意図に合わせた広告文が大切という事ですね。
魅力的な広告文を作成するその他のポイントは
・数字を使用して説得力をもたせる
・他社との差別化
・メリット
・そのサービスを利用した時どのような事が期待できるか
といった点になります。魅力的な広告文を考えながらキーワードも意識する必要があるという事。
それに合わせてLPとの関連性をもちろん考える必要があります。

関連性の高い広告を作成するためのヒント

宣伝している内容を明確にする。広告の見出しには、少なくとも 1 つのキーワードを含めてください。「デジタルカメラ」というキーワードを使う場合は、「デジタルカメラを購入」といった広告見出しを作成します(広告文における商標の使用は、Google 広告の商標に関するポリシーに準拠する必要があります)。
関連性を高める。顧客に回答や解決策を提供するようにします。たとえば、ユーザーが自分の住んでいる地域の周辺で解決策を探している場合は、広告主様の所在地が最も効果的な情報となるため、見出しに追加する必要があります。
広告を広告見出しと一致させる。ランディング ページ(広告とリンクさせるウェブサイトのページ)に、広告で宣伝している優待情報や商品の情報を含めます。探している情報がすぐに見つからなければ、ユーザーは他のサイトに移動してしまう可能性があります。

解説)見出し追加のポイントをまとめます。
・地域密着のサービスを展開している場合「船橋の整体院〇〇」のように見出しに追加
・キーワードで、【顎関節症】といったキーワードを使用する際には広告文にも顎関節症が~といったように記載
・Google広告のポリシーを準拠する
・関連性を高める
・ランディングページとリンクさせる内容にする
・商品情報を含める
・優待情報を記載する(〇〇キャンペーン実施中等)
になります。

質の高さを確保するために、すべての広告は、高度な編集基準を満たす必要があります。たとえば、不要な空白や明確でない URL を使ったり、不適切な方法で強調したりしないようにします。詳しくは、テキスト広告の要件についてご覧ください。

解説)例えば見出しに「!!」といった感嘆符や、「・・・」といった不要なものは記載しないという事です。

6 すべての広告グループに 3 つ以上の広告を含める

Google 広告が検索ごとに最も効果的な広告を表示できるように、広告グループに広告を少なくとも 3 つ含めることが重要です。各広告の見出しのうち 1 つに、キーワードを少なくとも 1 つ含めるようにしてください。他の見出しと広告文では、広告ごとに商品やサービスのさまざまな要素をアピールできます。

解説)広告文を3つ作成は必須になります。どの広告文が効果があったかをデータが蓄積した際に絞ることもできますし、キーワードと広告文の関連性も高まります。
広告のローテーション機能を使うことによって、効果のある広告文が自動で調整されるようになります。

トピックとおすすめのテキスト

商品またはサービス: 広告主様のビジネスが何を提供しているか。

地元農家直送のブーケ
認定済み中古車
ウェブ ホスティング プラン
ほとんどの保険に対応

メリット: 顧客にどのようなメリットがあるか。例:

複数のサイトにも簡単に投稿可能
30 分で簡単調理
調理不要
アクセスのよい 2 か所の店舗

ブランド: どのフレーズにブランドが使用されているか。例:

[ブランド名] [ブランド.com] [ブランド]のベストプライス
[ブランド]の公式サイト

行動を促すフレーズ: 顧客にとってほしい行動は何か。例:

ラスベガスのホテルを予約
今すぐ試乗予約
100 以上の特典を比較しよう
無料診断、今すぐお申し込みを

在庫と品揃え: どのようなカテゴリ、オプション、品揃えを提供しているか。例:

数百種類のオプション
今冬の最新スタイル
5 万点以上の品揃え
50 デザイン、50 色で展開

価格と手数料: 価格、税金、または手数料を説明しているか。例:

予約は [価格] 円から
キャンセル料金なし
18 か月間年利 0%
管理手数料が格安の 0.05%

プロモーションと割引: どのような割引や特典を提供しているか。例:

全商品最大 33% オフ
週末セール開催中
ポイント 2 倍
ご登録の方には 1 万円を進呈

​7. 4 つ以上の広告表示オプションを使用していることを確認する

広告表示オプションは広告主様の多くが利用しており、検索広告を作成するうえでは不可欠なものです。広告表示オプションとは、Google で検索すると広告とともに表示される、通話ボタン、追加のリンク、住所などの追加情報のことです。

広告表示オプションを使うと、広告のサイズが大きくなり広告がより魅力的になるため、ユーザーに対して、お客様の広告から直接行動を取るよう促すことができます。 広告表示オプションを追加する(無料)と、通常、クリック率と広告品質が向上します。しかも、ウェブサイトへのクリックの獲得など、掲載結果の向上が見込まれる場合にのみ表示されます。

検索キャンペーンから最大限の成果を得るには、アカウントまたはキャンペーンに 4 種類以上の広告表示オプションを追加してください。

解説)広告表示オプションの設定は必須です。なぜ必要なのかは、
・広告サイズが魅力的になる
・クリックされやすくなる
・アクションを促すことに繋がる
・広告の品質があがる
などが必要は理由です。広告の品質があがることによってクリック単価を抑えながら効果的な配信も可能になります。
設定しただけで有利になるのであれば、設定しないわけにはいかないですよね?

今回ご紹介したGoogle広告公式情報

今回は下記URLを元に解説していきました。
https://support.google.com/google-ads/answer/9451609?hl=ja&ref_topic=3121941

まとめ:Googleが推奨する効果的なキャンペーンを設定するコツ【Google広告】

いかがでしたか?Google広告のだしている情報を知らなくとも、成果がでている運用者であれば上記の内容は自然と理解していたかと思います。

しかし、Googleの情報を確認することによって、成果のでるキャンペーン設定を、より深く理解することができたでしょう。

Google広告運用のスペシャリストにご連絡を

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

また、Google広告を現在運用されている場合、Google広告のセカンドオピニオンも行っています。

 

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。