【Google広告】一日の平均予算について解説!

【Google広告】一日の平均予算について解説!

アガルトマーケティング代表の春田です。
Google広告の予算を学ぶ上で基礎となる「1日の平均予算」について解説します。

1日の平均予算について

1 日の平均予算は、アカウントのそれぞれの広告キャンペーンに対して、ご自身が 1 日あたりの平均額としてお支払いを望む金額です。この予算額は全面的にご自身の判断によるもので、設定した金額はいつでも変更できます。1 日の平均予算を設定することで、日々発生するキャンペーン費用を管理できます。

1 日に発生する実際の費用は、ご指定の 1 日の平均予算を超えて最大 2 倍の額になることがあります。これは超過配信と呼ばれる現象で、トラフィックが少なく広告が十分に表示されなかった日を埋め合わせる処理です。なお、お客様への実際の請求額が 1 か月の請求額の上限を超えることはありません。この上限は、ご指定の 1 日の平均予算に 1 か月の平均日数(30.4)を掛けた額になります。

注: 1 か月の請求額の上限を超えて広告が表示された場合には、超過分のクレジットがアカウントに適用されます。

解説)Google広告などのウェブ広告のメリットといえば、予算を自分で自由に設定して、変更することができるという点でしょう。1日の平均予算を設定することによって、その金額を上限にGoogle広告が配信されます。

しかし、1日の平均予算は超える事があり、最大2倍までになります。しかし、2倍の平均予算を支払った翌日は少ない予算で配信するなどし、1ヵ月の平均日数(30.4)は請求額が超えることはありません。

広告キャンペーンの 1 日の平均予算が 1 か月を通じてずっと 1,000 円だった場合、その 1 か月にそのキャンペーンに請求される上限金額は 30,400 円になります(1,000 円×1 か月の平均日数 30.4 日)。なお、超過配信が原因で、トラフィックの多い日や少ない日に 1 日の費用が 1 日の平均予算 1,000 円を上回ったり下回ったりする場合があります(ただし、1 日の費用が 1 日の平均予算の 2 倍(この例では 2,000 円)を超えることはありません)。

Google公式情報

今回のGoogle広告公式情報は下記になります。

https://support.google.com/google-ads/answer/1704424?hl=ja&ref_topic=3121763

まとめ:一日の平均予算Google広告で予算管理

Google広告の予算を学ぶうえで一番の基礎は一日の平均予算を決定し、その金額を上限に広告配信するという事でした。平均予算なので、予算が超えることがありますが、その分翌日などで調整されます。

1日の予算を設定しているのに、1日の予算を超えることがある・・・と疑問に思っていた方には有益な情報になったでしょう。

Google広告運用のスペシャリストにご連絡を

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。