【コンテンツマーケティング】企業様向けにSEOライティングについて解説!

【コンテンツマーケティング】企業様向けにSEOライティングについて解説!

「自社メディアの訪問者が増えない・・・」
「記事制作が可能なパートナー企業を探している・・・」
SEOライティングという言葉は耳にするが、実際に業者はどのような事を行っているのか気になりませんか?
本記事では「企業様向けにSEOライティングについて解説」します。

SEOライティングの方法1:短文は使い方に気をつける

短い文、短文の連続は文章に勢いがつくが、主語が抜けた表現になりやすい。(話し言葉になりやすい)
例)〇〇は〇〇である。そして〇〇だ。(勢いはつくがWebライティングには向かない)

SEOの観点から解説-短文は使い方に気をつける

短文の連続で主語が抜けた表現が多くなってしまうと、読み手にとってわかりにくい内容になってしまう。
そうなると、サイトの滞在時間と回遊率が下がることによってSEOのパワーが得られなくなってしまう。

SEOライティングの方法2:誤字脱字はチェックする

・漢字の変換ミスには気をつける。
・文字の連続記載ミスには記をつける。

SEOの観点から解説-誤字脱字はチェックする

誤字脱字がある事によって、メディアに注意が行き届いていない印象をもたらしてしまう原因になる。
誤字脱字が多く、内容がわからなくなってしまう文章は、自動生成した文章と同様に評価が下がる原因にもなってしまう。
また、コンテンツの自動生成はペナルティの原因にもなり、Googleのガイドライン違反にもなってくる。

SEOライティングの方法3:助詞の多用には気をつける

「が」「を」「に」「の」「と」
・一文の中に~の~の~の~が~の~です。というように多用してはいけません。

SEOの観点から解説-助詞の多用には気をつける

〇〇が〇〇が〇〇がという形で連続してしまうと、読み手にとって意味は通じても分かりにくい内容となってしまう。
グーグルはユーザー目線を意識という事を強くとなえていますので、まずはユーザーにとって読みやすい文章になっているかを考えましょう。

SEOライティングの方法4:「たり」を使用するときは2回使う

「たり」は対等関係を示すので、「たり」を使用するときは2回使用するようにしましょう。
例:○○したり、○○したりする。

SEOの観点から解説-「たり」を使用するときは2回使う

たり、を使用した場合は基本的に2回というルールですが、2回使用することによって文章がくどくなってしまう場合もあるので、
こちらに関しては読んでみて自然であれば、たりは1回でも可能です。
たりの1回の使用はユーザーにとっても自然なものなので、マイナス評価になることは考えにくいでしょう。

SEOライティングの方法5:同様の表現が2度あると読みづらく不自然な文章になってしまう

ライティング例:○○でしょう。○○でしょう。
ライティング修正:○○でしょう。また、○○でもあるでしょう。
連続した表現がある場合は、「また」といった接続詞を使用するようにしましょう。

SEOの観点から解説-同様の表現が2度あると読みづらく不自然な文章になってしまう

でしょう。でしょう。の連続で接続詞を使用する等の工夫がない場合、幼稚な文章となってしまいます。
中学生や高校生にも理解できる分かりやすい文章を作成することがWEBライティングでは重要ですが、分かりやすい文章と稚拙な文章は別なので注意をしましょう。
学術的な難しい文章ですと、他の分かりやすい記事を探す為にユーザーは戻るボタンを押し、検索エンジンから他の記事を探すことに繋がります。
ユーザーを獲得するといった意味合いでも、同様の表現には注意をしましょう。

SEOライティングの方法6:類語はOK

下記のような類語はOK
お金・費用・料金
動画・ムービー

SEOの観点から解説-類語はOK

雑誌などのライティングでは用語を統一させるという事がありますが、SEOのWEBライティングでは上記のような類語はそのままでOK。
〇〇 お金、〇〇 費用という風に検索エンジンで検索した際にHITするようになるので、問題なし。

SEOライティングの方法7:間違いやすい誤字脱字には注意

やりずらい⇒やりづらい
見ずらい⇒見づらい

SEOの観点から解説-間違いやすい誤字脱字には注意

間違いやすい誤字脱字にも注意をしましょう。しっかり運用されているメディアは再訪問にもつながります。

SEOライティングの方法8:読点は適切に追加する

読点の正しい位置がわからなくなった時は実際に作成した文を声にだして読んだうえで、読点の箇所を決めましょう。

SEOの観点から解説-読点は適切に追加する

句読点はライターさんそれぞれに癖がでてしまうポイント。一文の中で多くなりすぎて読みづらくなってしまうと離脱にもつながります。
句読点によって読みやすくなっているかどうかが句読点を入れる際のポイントになります。

SEOライティングの方法9:連続した表現を回避することば

▼文末が同じになってしまう際に下記のことばを使うことで連続した表現を回避できます。
「また」「更には」「さらに」「このようなことから、」
例)○○です。さらに○○になるでしょう。

SEOの観点から解説-連続した表現を回避することば

スムーズに読み進めてもらう為には、同じような言い回しになってしまう際に、また・更になどを使用しましょう。
滞在時間を延ばす為には細かいですが、こういった工夫が必要です。

SEOライティングの方法10:疑問・投げかけを追加

例)○○が挙げられます。また、○○ではないでしょうか。更には○○があります。
投げかけや疑問は導入文に使用されることが多いです。

SEOの観点から解説-疑問・投げかけを追加

投げかけを入れることによって、ユーザーに共感してもらえる文章にすることができます。
その疑問は、まさに自分が検索したキーワードの悩み!と思ってもらえると読み進めてもらえます。

SEOライティングの方法11:ら抜きことばに気をつける

例:食べれたり
修正例:食べられたり
気を抜いていると「ら抜き言葉」になってしまいがちですので注意しましょう。

SEOの観点から解説-ら抜きことばに気をつける

SEO的にら抜き言葉になっていることによって直接的なマイナスはありませんが、
ユーザー視点にたってユーザーが読みやすい内容となるように、ら抜き言葉には注意しましょう。

SEOライティングの方法12:「して」「こと」「という」など頻出しやすい表現に気をつける

例)〇〇して〇〇していることは・・・・
「して」「こと」「という」は頻出しやすい表現ですので、多く使ってしまうと不自然になってしまいます。

SEOの観点から解説-「して」「こと」「という」など頻出しやすい表現に気をつける

抽象的な言葉を多用してしまうと、文章が不自然になってしまいます。
「それ」「あれ」といった言葉はGoogleで認識できませんので、名称を記載するようにしましょう。

SEOライティングの方法13:主観的表現に気をつける

主観的表現は使わないように心がける。主観的な表現はなるべくしないようにする。
例:ライティングを難しく感じる人も多いです。ライティングを難しく感じる人も多いと思います。
修正例:ライティングを難しく感じる人も多いのではないでしょうか。

SEOの観点から解説-主観的表現に気をつける

ライターさんそれぞれの主観と、読者の主観は異なることがありますので、主観的表現はなるべくですが、しないようにしましょう。
そうする事によって、読者が記事へのギャップを感じないようにすることができます。

SEOライティングの方法14:当然すぎる表現には気をつける

・稚拙な表現には気をつける。
・口語には気をつける(○○して)

SEOの観点から解説-当然すぎる表現には気をつける

こちらは難しいのですが、当然すぎる表現は検索意図に対して答えになりにくいので、対策キーワードに合った悩みを解決できる表現、答えを用意しましょう。

SEOライティングの方法15:「なのは」を使った後に続くことば

「なのは」⇒という点です。という部分です。
例)〇〇なのは〇〇〇〇〇という点です。

SEOの観点から解説-「なのは」を使った後に続くことば

なのは、を使用する場合は、〇〇という点です。というようにルールがありますので、ライティングのルールに沿って記載するようにしましょう。
SEOで直接的にマイナスになるという事はありませんが、ライティングでのベストプラクティスになります。

SEOライティングの方法16:指示語を乱用しない

ライティング例;その○○は○○です。その○○~。
「その」のような指示語を乱用していた場合は主語を明確にして書き換えましょう。

SEOの観点から解説-指示語を乱用しない

「その」「あれ」などは読み手にとって読みづらい文章になってしまいますので、極力主語を明確にしましょう。
その、あれが何を指しているかを具体的にGoogleは理解できない為、修正が望ましいです。

SEOライティングの方法17:逆説と順接には気をつける

逆説)文脈を反転させる場合は「しかし」を使いましょう。
順接)文の連続で反転させる必要がない場合は「また」の順接を使いましょう。

SEOの観点から解説-逆説と順接には気をつける

逆説を唱える際は、「しかし」を使いましょう。逆説を唱える際にしかしがないと、文章がなりたたずに何を指しているかわからなくなってしまいます。
また、しかし、と記載しているのに逆説になっていないパターンもありますので、そちらも注意です。

SEOライティングの方法18:与えられたテーマから外れない

ライティングで与えられたテーマからはずれないように、ライティングの出だしから最後まで一貫性をもたせましょう。

SEOの観点から解説-与えられたテーマから外れない

ライターさんの主観が多く入ってしまった場合にありがちな、テーマのずれ。検索したユーザーは何を知りたいのかという点を意識して記事を書きましょう。
対策キーワードに対してその答えが記載されている事が望ましいです。

SEOライティングの方法19:一文内に「場合」は連続で使用して不自然にしない

例)〇〇な場合、〇〇~〇〇な場合も~

SEOの観点から解説-一文内に「場合」は連続で使用して不自然にしない

連続の使用は「場合」という言葉以外も注意しましょう。スムーズと頭に入ってこない文章は他のもっと簡単な記事を探す為にユーザーは検索エンジンへ戻ってしまいます。

SEOライティングの方法20:変な受身表現に気をつける

例:見せられる事ができます。
修正例:見せる事ができます。

SEOの観点から解説-変な受身表現に気をつける

SEOライティングは、小説や学術誌などとは違ってわかりやすい文章を求められます。
簡単に読めてわかりやすいと他の記事へ飛ばずに、同サイト内で問題を解決しようとします。回遊率、そしてファンにつながります。

SEOライティングの方法21:「です・ます」「である・だ」は統一させる

指定がない限り基本的にWebライティングは「です・ます」を使いましょう。
一文を長くしすぎない。また、短くしすぎないようにする

SEOの観点から解説-「です・ます」「である・だ」は統一させる

メディアは複数のライターによって成り立っていることがほとんどですので、他の記事とのギャップを作らない為に、基本的にはです。ます。を使用してください。

SEOライティングの方法22:読みやすい文章を意識

一文の適切な文字数は50文字前後。
長くなりそうな時は「。」で一度区切る。

SEOの観点から解説-読みやすい文章を意識

文章が長々となってしまう場合は、一度「。」で区切るようにしましょう。ライティングをし終わった後に見返すと読みにくい文章になっている事が多々あります。
その際は一度区切る事によってだらだらとした文章を回避することができます。
基本的なライティングができた上で、検索キーワードにマッチしたページが評価されます。(人間が不自然に思う文章はNG)

SEOライティングの方法23:E-A-Tを意識

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)
文章を作成する際に、曖昧な表現である、〇〇だと思います。確か〇〇だったと・・・などの表現はせず言い切るようにしましょう。

SEOの観点から解説-E-A-Tを意識

専門性のある情報はGoogleに評価される要因ですので、確かな内容であれば言い切るようにしましょう。

まとめ:【コンテンツマーケティング】企業様向けにSEOライティングについて解説!

いかがでしたか?今回は企業様向けにSEOライティングの基本を解説いたしました。

SEOライティングは奥が深く、どのような対策キーワードでライティングをするのか?また、どのような構成でライティングをするのか?も重要になってきます。他記事にてまた詳しく解説していきたいと思います。

SEOのパートナーをお探しならアガルトマーケティングまで

SEO対策・コンテンツマーケティングはアガルトマーケティングにお任せください。
記事制作のパートナーを探している企業様は是非ご連絡くださいませ。

・リンクの否認作業ー阻害リンク調査(過去100社以上の実績)
・SEO特化型コンテンツマーケティング(記事企画~制作~校正までワンストップ)
・内部改善指示書作成
・キーワード調査~順位調査
・アナリティクスアクセス解析
その他SEOに関する事であれば何なりとご相談ください。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。