やってはいけないSEO対策 -SEO業者の実態と選び方-

やってはいけないSEO対策 -SEO業者の実態と選び方-

みなさん(社長様・WEB担当者様)は今までに、SEO対策をSEO業者に依頼されたことはありますでしょうか?SEOコンサルを依頼したが、順位があがらなかった。SEOコンサルを依頼しても知識がつかなかった。そういった声をときどき耳にします。

これからSEO業者を選んで、依頼をしようとされている方に第一にお伝えしたいことは、業者選びに失敗すると検索順位があがらないだけでなく、Googleからペナルティをうけることによって順位が急激に下がってしまうことがあるということです。

SEO業者選びに失敗するとマイナスに効果になってしまい最悪の場合、検索エンジンからヒットされなくなってしまうということもありえますので、真剣にSEO業者選びをされている方は確実にこのページを何度も読んだうえでそれから吟味することをおすすめいたします。

やってはいけないSEO対策を知ることでSEO業者選びも正しい選択をすることができますので、やや専門的な文言もでてきますが、真剣にSEO業者選びを検討されている方は是非ご覧ください。

こんなSEO業者は最悪だ!

まずはじめに、どんなSEO業者を選んではいけないかをおはなしします。

・外部リンク(サテライトサイト)をいまだに販売している。

・緊急事態(急激に順位が下がる・ペナルティ)となった際に対処できない。

・成果報酬のデータ改ざんを行う。

・どのキーワードの順位もあがらない

SEO業者選びで大切なのが、Googleが推奨するやり方でのSEO対策を行っているかどうかになります。

過去にはGoogleが推奨しない形でのSEO対策(ブラックハットSEO対策)でも検索順位で上位表示をさせることが可能な時代がありました。

こういったGoogleが推奨しないブラックハットSEO対策が通用する時代には多くのSEO業者(リンクベンダー)が、ランキングを操作する為だけの外部リンク(サテライトサイト)での施策を行っていました。

※外部リンク(サテライトサイト)を販売するSEO業者のことを”リンクベンダー”と呼びます。

リンクを販売するSEO業者は絶対に選んではいけない理由

外部リンク(サテライトサイト)を販売するSEO業者(リンクベンダー)がどうして駄目なのかといいますと、ペンギンアップデートと呼ばれるGoogleの検索順位を決定するアルゴリズムの変化があったことが影響しています。

このペンギンアップデートは、意図的にランキング操作の為のリンクを貼っているサイトは順位をさげたり、インデックスから削除(検索エンジンからヒットされない)を行うためのアップデートになります。

最新SEO対策の動向に詳しい会社や、SEO対策に詳しい担当者のいる会社であれば、リンクを購入するというのは現在のSEO対策ではご法度というのは当たり前のはなしですので、もしこういったサービスを行っているSEO対策を検討されているのであれば、別の業者を選ぶことをおすすめいたします。

※自社保有のサイト同士のリンクは問題ございません。

緊急事態(急激に順位が下がる・ペナルティ)となった際に対処できない

過去にSEO業者に依頼したSEO対策が原因となり、ペナルティとなってしまった場合や、過剰な外部施策によってペナルティとなってしまい急激な順位低下に対処できないような

知識の乏しいSEO業者を選んでしまっている場合はサイトの復帰が難しく、完全にGoogle次第となってしまいます。

急激な順位低下があった際に、アルゴリズムの変化によるものであるのか、はたまたGoogleのガイドライン違反によるペナルティの影響であるかが判断でき、適切な対処ができる業者が本当に知識のあるSEO業者であるといえるでしょう。

もし、外部リンクが影響するペナルティであった場合は「リンクの否認作業」というものをGoogleに申請する必要があります。

この「リンクの否認作業」は、過去に行ったSEO業者によるサテライトサイト(リンクの購入)や、ランキング操作の為に登録した無料リンク集(Yomi-Searchなど)が原因となった順位低下&インデックス削除から回復させることが可能になります。

成果報酬のデータ改ざんを行う

SEO対策を成果報酬で行う場合は、どのキーワードで対策するのかがポイントになります。

複合キーワードであるロングテールキーワード(検索ボリュームが少ない)、そもそもライバル数が少なく上位表示がたやすいものを成果報酬として設定されることがあり、ぼったくり状態になってしまうことがあります。

ですので、もし成果報酬でSEO対策を依頼するのであれば、前提として、どんなキーワードを対策するのかをしっかり確認するようにしましょう。

成果報酬型のメリットとしては、実際に順位があがるまで料金の支払いのない点にあります。

デメリットとしては、実際にどの施策によって順位が上がったのかという、細かい詳細については確認することができない為、ご自身での頑張りによるSEO効果であるのに、支払いが長期的に発生してしまうということがおこり得るのです。

最悪のSEO業者にあたってしまった場合、成果報酬型のサテライトサイトでのSEO対策を依頼していたのに、実際にはサテライトサイトからのリンクがされていないケースも存在し、ランクインによる成果報酬の請求のみされてしまう。

SEOのパートナーをお探しならアガルトマーケティングまで

SEO対策・コンテンツマーケティングはアガルトマーケティングにお任せください。
記事制作のパートナーを探している企業様は是非ご連絡くださいませ。

・リンクの否認作業ー阻害リンク調査(過去100社以上の実績)
・SEO特化型コンテンツマーケティング(記事企画~制作~校正までワンストップ)
・内部改善指示書作成
・キーワード調査~順位調査
・アナリティクスアクセス解析
その他SEOに関する事であれば何なりとご相談ください。

アガルトマーケティング代表-春田-

外資系生命保険会社代理店営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。