Google広告のクリック単価予算の仕組みと管理について

Google広告のクリック単価予算の仕組みと管理について

アガルトマーケティング代表の春田です。
今回はクリック単価制のGoogle広告の仕組みについて解説いたします。

Google公式情報を交えながら専門的に解説いたしますので、これからGoogle広告の予算について学びたいという方は是非ご参考にしてください。

クリック単価制のGoogle 広告の予算(費用)の仕組みについて

クリック単価(CPC)制では、ユーザーが関心を示して広告をクリックした場合にのみ料金が発生します。ユーザーが広告をクリックするたびに支払う上限額(上限クリック単価)を指定しますが、請求額がそれを下回る場合もあります。

Google 広告の予算は広告主様が管理できます。1 日に使う費用の平均額を決めましょう。

広告のクリック数が多い日は、1 日の平均予算が最大 20% 引き上げられるので、貴重なクリックを逃す心配がありません。ただし、その他の日の予算を減らし、1 か月のお支払い額が設定した上限を超えないよう自動的に調整されます(1 か月通してキャンペーンを実施した場合)。Google広告公式情報より

解説)Google広告のクリック単価制はクリック毎に費用が発生しますが、クリック毎の費用は上限が設定可能です。どれだけ広告が掲載されるかは、あらかじめ設定しておく一日の予算を限度にクリック単価が加算されていきます。

※一日の予算を超える事もありますが、翌日には予算を自動的に抑えるなどして調整されます。

このクリック単価は毎回入札毎(広告が掲載されてクリックされる)に変動があります。
その理由としては、オークション形式にてクリック単価が決定するためです。
競合数の変動や広告ランク、自動入札機能によって自動的に最適なクリック単価が決定される事が影響します。

クリック単価(CPC)について

クリック単価(CPC)制は、広告のクリックに対して料金をお支払いいただくシステムで、クリック単価制のキャンペーンでは、広告のクリック 1 回に対してお支払い可能な上限額である上限クリック単価(上限 CPC)を設定します(ただし、入札単価調整や拡張 CPC を使用している場合は除きます)。

上限クリック単価(上限 CPC)は 1 回のクリックに対して発生する料金の上限ですが、ほとんどの場合、実際の請求額はこの金額を(場合によっては大きく)下回ります。こうした 1 回のクリックに対して請求される最終的な金額を、実際の CPCと呼びます。Google広告公式情報より

解説)上限クリック単価を設定することによって、クリック単価の高騰を抑えることができます。オークション分析と呼ばれる競合との掲載結果順位の比較をすることで、どれぐらいクリック単価を抑えても良いかという判断をします。

上限クリック単価を設定した場合、実際の請求額は下回るという記載がありますが、それはオークション形式にて入札がされる為です。

また、実際どれぐらいのクリック単価で配信できているかは、Google広告の画面上にある平均クリック単価で確認することが可能です。

広告のクリックに対して上限クリック単価(上限 CPC)を設定した場合、その額を上回る料金が請求されることはありません。

入札単価を設定する方法としては、個別単価設定(ご自身で入札単価を設定)と自動入札機能(入札単価の設定を Google に任せて、設定した予算内でクリック数を最大化)のいずれかを選択できます。

クリック単価制はクリック課金型(PPC)と呼ばれることもあります。 Google広告公式情報より

解説)クリック上限単価を設定する事によってクリック単価の高騰を抑えることが出来ます。それぞれのキーワードに上限単価設定をする個別単価設定と、キーワード毎に手動でクリック上限単価を設定せずに機械に任せる自動入札機能を使用しまとめてクリック単価の上限を設定する方法があります。

Google公式情報

https://support.google.com/google-ads/answer/116495

https://support.google.com/google-ads/answer/6334502

今回はこちらからGoogle広告のクリック単価予算の仕組みと管理について解説しました。

まとめ:Google広告のクリック単価予算の仕組みと管理について

いかがでしたか?クリック単価には上限を設定することができ、クリック単価の高騰を抑えることができるという事でした。広告ランクを高く、キーワードの選定やユーザー属性の絞り込み等ができていれば、インプレッションシェアが高くなり効率的な配信も可能になります。

必ずしもクリックの上限を設定する必要はありませんが、指定した金額よりも抑えたいという場合は使用するようにしましょう。

最後に

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

 

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。