Google広告のアルゴリズム解説!【表示決定編】

Google広告のアルゴリズム解説!【表示決定編】

アガルトマーケティング代表の春田です。
今回はGoogle広告がどのようにして広告配信するかしないかを決定しているのか?
そのアルゴリズムについて解説いたします。

Google広告を表示するしないのアルゴリズム

Google 広告では、ユーザーが Google で何かを検索したり、Google パートナー サイトを閲覧したりするたびに広告オークションが行われ、表示する広告が瞬時に決定されます。

AdWords ad auction

画像Google広告公式ページより:https://support.google.com/google-ads/answer/6366577

その際、次の 3 つの要素が考慮されます。

入札単価 – 1 回の広告クリックに対していくらまでなら支払えるかを考え、その金額を入札単価として指定します。通常、最終的な支払い金額はこれより少なくなります。入札単価はいつでも変更できます。

解説)入札単価が高い程上部掲載されやすくなります。逆に、入札単価が低い程上部に掲載されにくくになります。

広告の品質 – ユーザーが広告をクリックしたとき、関連する有用な情報が表示されるかどうかも判断基準となります。Google 広告で広告の品質がどのように評価されるかは、品質スコアとはをご覧ください。品質スコアはアカウントで確認し、改善することができます。

解説)品質スコアが高い程、クリック単価を抑えながらも上部に掲載されやすくなります。逆に、品質スコアが低い程上部に掲載されにくくなります。

品質スコアは、関連性・推定クリック率・ランディング ページの利便性からなります。

広告表示オプションやその他の広告フォーマットの効果 – 広告を作成する際、サイト内の特定のページへのリンクや電話番号など、特定の情報を広告に追加できます。この機能を広告表示オプションといいます。Google 広告では、広告主様が追加した広告表示オプションやフォーマットの見込み効果も考慮されます。したがって、たとえ競争相手が自分より高い入札単価を設定していても、キーワード、広告、広告表示オプションの関連性が高ければ、低い入札単価でオークションに勝てる可能性があります。

解説)広告表示オプションは設定できるものは必ず設定するようにしましょう。
・コールアウト文は10個以上設定しましょう。
・サイトリンクも設定します。(自動表示オプションで設定しなくても自動でサイトリンクが生成されることは多々あります。また、説明も記載しましょう。)
・住所表示オプション(ローカル広告に必要です。店舗をお持ちの方は絶対に設定しましょう。)
・電話番号表示オプション(広告に電話番号を掲載可能)
・構造化スニペット(商品などの紹介)

キーワードの選定と広告文に関してはノウハウが必要になります。広告表示オプションであれば、手間をかける事によってGoogle広告運用初心者もできるので、必ずこちらは設定するようにしましょう。

まとめ:Google広告のアルゴリズム解説!【表示決定編】

いかがでしたか?Google広告で広告が表示されるかどうか?配信されるかどうかについては、入札単価・広告の品質・広告表示オプションの設定等によるという事でした。

Google広告運用のスペシャリストにご連絡を

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。