Google広告が表示されているかの確認方法【広告プレビュー機能・ステータス列】

Google広告が表示されているかの確認方法【広告プレビュー機能・ステータス列】

アガルトマーケティング代表の春田です。
今回はGoogle広告を設定完了した後に、広告が表示されているかどうかの確認方法についてご紹介します。

Google公式情報を基に解説していきますので、しっかりとした知識を学ぶことができます。

Google広告が表示されているか確認する方法

広告を作成したら、その広告が実際にユーザーに表示されているかどうか確認する必要があります。広告プレビューと診断ツールを使用するか、アカウントの掲載結果データを調べましょう。

この記事では、広告が掲載されているかどうか確認するためのさまざまな方法を紹介します。

解説)広告プレビューによってどのように掲載されるかを確認することができますが、実際に掲載されるかを確認する時は、実際にキーワード入力をして見てみましょう。オークション入札になる為、必ず検索毎に表示されるわけではありませんので注意しましょう。

どれぐらい表示されるかは、インプレッションシェアで確認することができます。
表示される機会があったが、広告ランクが低く表示されなかった損失率を確認する為にはインプレッション損失率から確認可能です。

手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

リニューアル版 従来版

広告プレビューと診断ツールで広告をプレビューする方法

広告プレビューと診断ツールを使用すると、テキスト広告が Google の検索結果にどのように表示されるかを正確に確認できます。

・Google 広告の管理画面の右上にあるツールアイコンをクリックします。

・[プランニング] で [広告プレビューと診断] をクリックします。

・ページの上部にある設定を変更し、キーワードを入力します。選択した設定に基づいて、キーワードによって広告がトリガーされている様子がプレビュー表示されます。

広告の掲載状況を確認する場合は、Google で実際に検索を行うのではなく、広告プレビューと診断ツールを使用することをおすすめします。自分で実際に検索して広告が表示された場合、インプレッションはカウントされてもクリックは発生していないため、クリック率が低い広告と見なされ、本来よりも表示される頻度が低下する可能性があります。また、Google 検索でご自身の広告を繰り返し表示させて、まったくクリックしなかった場合は、広告が一切表示されなくなることがあります。これは、お客様がその広告に関心を持っていないとみなされて表示が停止されるためです。

解説)広告が表示されるが、クリックされない。たくさんスルーされてしまう広告の場合、掲載に悪影響になってしまうという事です。逆に表示に対してよくクリックされれば良い影響となります。

Googleでは実際に検索して掲載結果を確認するよりも、上記の理由から広告のプレビュー機能を使用して掲載内容を確認することを推奨しています。

よりクリックされる為には魅力的な広告設定や、枠を広げるために広告表示オプションは必ず設定することです。

広告プレビューと診断ツールで広告が表示されない理由と原因について

広告が有効かつ承認済みであることを確認する方法

Google 広告にログインし、左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。広告が有効であれば、名前の横に緑色の丸が表示されます。一時提示されている広告の場合、一時停止マークが表示されます。一時停止中の広告を有効にするには、一時停止マークをクリックして、[有効] を選択します。

広告は、広告掲載のポリシーに準拠しているかどうか審査されます。一部の広告は審査の完了を待たずに Google 検索ネットワークに掲載されますが、審査が完了するまでまったく掲載されない広告もあります。広告が承認されれば掲載が始まり、アカウントの掲載結果データでインプレッションの発生を確認できます。広告の承認状況は、[広告と広告表示オプション] ページの表の [ステータス] 列で確認できます。

トラフィック(インプレッションやクリック)が発生していることを確認する方法

Google 広告にログインし、左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。[広告] ページでは、クリック数、表示回数、クリック率など、広告についてのさまざまな情報を確認できます。表示するデータの対象期間を絞り込むには、ページ右上の期間選択ツールを使用します。また、左側のページメニューで [キャンペーン] や [広告グループ] をクリックすると、各キャンペーンや広告グループの広告のデータを確認できます。

広告について表示する情報を調整するには、データ表の表示項目(列)をカスタマイズします。ただし、Google 広告レポートの掲載結果はリアルタイムのデータではなく、過去 3 時間以内に発生したクリックやインプレッションの情報は反映されていないことに注意しましょう。

キーワードによって広告が表示されているかどうか確認する

Google 広告にログインします。
・左側のページメニューで [広告グループ] をクリックし、確認するキーワードの広告グループをクリックします。
・左側のページメニューで [キーワード] をクリックします。
・確認するキーワードに応じて、[検索キーワード] または [ディスプレイ / 動画のキーワード] をクリックします。

キーワードによって広告が表示されているかどうか確認するには、[ステータス] 列の情報にカーソルを合わせます。広告が検索結果に表示されない場合に考えられる原因が表示されます。

解説)薬事法に関わるキーワードや、承認が降りにくいキーワードは審査中の時間が長くなる傾向にあります。

例)治す 治療 完治等

承認状況の確認は【ステータス列】でみるという事を覚えておきましょう。

広告の掲載に影響するその他の要素を確認する

広告を表示するタイミングと場所は、多くの要因によって決まります。

主な要因は次のとおりです。

ターゲティング: 基本的に、広告はターゲットに設定したユーザーにのみ表示されます。つまり、指定した言語と地域で、指定したキーワードを検索したユーザーに表示されるということです。広告を確認する際に、ご自身で指定したターゲット設定とは異なる設定になっていると、広告が表示されないことがあります。たとえば、広告のターゲット地域が東京に設定されている場合、横浜にあるパソコンから検索しても、広告は表示されません。広告プレビューと診断ツールを使用すると、ターゲット地域の設定を自由に選択して広告の表示状況を確認できます。

解説)地域で、神奈川配信設定されていた場合は、東京や千葉等の他の地域では配信されなくなります。ユーザー属性の女性を設定した場合もこの限りです。

しかし、性別が判断できない、不明を選択した場合は、女性に配信したいのに男性にも配信されてしまう事があります。

ターゲットが女性だけに絞るのであれば、不明は入れないようにしましょう。

男性、女性の見分けはGoogleが利用する。クッキーというもので判断しています。

広告掲載順位: 広告ランクが十分に高くないと、広告は Google 検索結果の最初のページには掲載されません。広告ランクは、広告の品質(「品質スコア」)と設定した上限クリック単価によって決まります。各ページにはそれぞれ別の広告が表示されるため、2 ページ目以降に広告が表示される場合もあります。広告の掲載順位が決定される仕組み

解説)少しややこしいですが、順位決定されるのは上限単価と広告ランクで、広告ランク決定の要因のひとつとして品質スコアがあるという事です。

Google広告が表示されないという問題が解決しない場合は?

広告が表示されないその他の理由を確認するには、トラブルシューティングをご利用ください。

今回のGoogle公式情報

今回ご紹介したGoogle公式情報は下記になります。

https://support.google.com/google-ads/answer/1704360?hl=ja&ref_topic=3119073

まとめ:Google広告が表示されているかの確認方法【広告プレビュー機能・ステータス列】

いかがでしたか?広告が表示されているかの確認は実際に検索して調べるか、広告プレビュー機能を使うという事でした。Googleの推奨としては、プレビューを薦めています。

Google広告運用のスペシャリストにご連絡を

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

また、Google広告を現在運用されている場合、Google広告のセカンドオピニオンも行っています。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。