【SEOリスト】企業向けSEOチェックリスト大公開!

【SEOリスト】企業向けSEOチェックリスト大公開!

SEOでチェックすべき項目、ポイントをご紹介します。

今回のSEOチェックリストご覧になれば、SEO対策で何をすべきかわかりますので、SEO対策をしたいという企業様・社長様は是非ご覧ください。

SEOでチェックすべき項目とは?

SEOでチェックすべき項目は多岐にわたります、まずはじめにSEOでチェックすべき大枠である三つの要素をご紹介します。

内部SEO要素をチェック

サイト内部が影響するSEO要素をチェックします。

サイト内部が影響するSEO要素は、HTML・CSSなどといったサイトの中身部分になります。

クローラーはリンクを辿る為、しっかり各ページに内部リンクがされているかご確認ください。

パンくずリスト・サイトマップは非常に重要です。

外部SEO要素をチェック

サイトの外部から影響するSEO要素をチェックします。

自社サイトにどれだけのリンクが被リンクとして存在しているかをチェックします。

サイトに関連しているジャンルから被リンクを獲得できているか?

過去にサテライトサイトの購入はなかったか?

スパムサイトからのリンクはないかを確認します。

※お金を払って被リンクを増やすのはNGになります。

コンテンツ要素をチェック

サイト内にどういったコンテンツが入っているか、そして、どんなキーワードで最適化されているかをチェックします。

キーワード調査を行い、現在どのようなキーワードで検索エンジン上でヒットされているか?

そして対策されていないキーワードを洗い出しコンテンツを追加していきます。

外部SEO要素をチェックする上で大切なこと

外部SEO要素をチェックするためには被リンクのデータを落とすことから始めます。

サーチコンソールから被リンクチェック

サーチコンソールにログインし、アカウントを選択⇒リンク⇒外部リンクをエクスポート

※サーチコンソールから被リンクを落とす場合、落とせるデータに限度があります。非常に多い被リンクがある場合はahrefsよりデータを落としてきましょう。

Ahrefsから被リンクをチェック

Ahrefsを使うことでより詳細な被リンクをチェックすることができます。落とした被リンクデータは、nofollowタaグが付与されているかなども確認することができます。

SEO外部要素の被リンクチェックで阻害リンクが発見されたら?

SEO外部要素の被リンクチェックで阻害リンクが発見された場合はグーグルに否認申請をする必要があります。過去にSEO業者からサテライトサイトの購入をしていた場合は否認申請もしくはリンク削除をしてもらうようにしましょう。

下記より否認申請を行います。

https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

内部要素のSEOチェック項目

▼ぱんくずリスト

サイト内にパンくずリストを作成し、内部リンクを増やしましょう。グーグルにサイト構造を伝える役割も果たします。

▼構造化データ

リッチスニペットを表示させ、クリック率上昇を狙いましょう。

▼HTML

無駄な記述がないかを確認し、最適化させましょう。

▼alt設定

画像が何の画像であるかのalt設定をキーワードを意識して設定するようにしましょう。

▼ディスクリプション

クリックされやすい魅力的なディスクリプションを設定しましょう。

▼ファーストビュー最適化

サイトが表示されたときのファーストビューに何を表示させるかを熟考しましょう。

▼スピード改善

画像を軽くするなどしてスピード改善をしましょう。

▼カテゴリ調整

キーワードを意識してカテゴリを設定するようにしましょう。

▼内部リンク

内部リンクが増えるようにサイトマップを作成するなどの対策をしましょう。

▼キーワード出現率

サイト内に対策したいキーワードを増やすようにしましょう。

▼canonical設定

canonical設定されている場合、正しい記述になっているかが非常に重要。間違えた設定の場合、検索エンジンよりヒットしなくなってしまいます。

▼タイトルのユニーク化

タイトルがそれぞれで重複していないかを確認しましょう。

▼内部リンク調整

内部リンクが集中するページは評価されやすくなります。特定のページの訪問を増やしたい場合は内部リンクで導線を作成しましょう。

▼クリック階層の最適化

トップページから何回クリックしてページへ到達するかを確認しましょう。クリック階層が深いページ程評価が薄くなってしまいます。

▼関連リンクの作成

関連するページがある場合は、「このページを見ている方におすすめ」といったように導線を作成します。

▼地域ページの最適化

地域ページを強化、地域ワードで強化したい場合は地域の特徴とそのサイトの中身を合わせた形でコンテンツを追加します。

▼TOPページのボリュームアップ

トップページはSEOで評価されやすい為、ページをボリュームアップさせる事で上位表示に働きます。どのようなサービスなのかを記載するよ良いでしょう。

▼目標キーワード設定

どのようなキーワードでサイトを成長させていくかを明確にします。そして、そのキーワードで対策できているかを確認しましょう。

▼ユーザーアクションが必要であるプログラムは要確認

ユーザーアクションが必要であるプログラムはGoogleから認識されない場合があります。

例)絞り込み検索機能でリンク作成等

そのような場合はアンカーテキストベタ張りでもリンクさせるようにします。

コンテンツ要素でSEOチェックする項目

▼重複タイトル

重複しているタイトルがないかを確認しましょう。

▼キーワードの詰め込みすぎ

キーワードが詰め込みすぎていないかを確認しましょう。

▼コンテンツの追加

コンテンツの量がすくない場合はコンテンツを増やすようにしましょう。

▼近接度調整

キーワードとキーワードの対策キーワードを近づけるようにしましょう。

▼言い換えワード追加

言い換えのできるワードも追加し、あらゆるキーワードで対策しましょう。

 

SEOチェック項目詳細内容

実際にSEOでチェックすべき詳細な内容をご紹介します。

URL内にキーワードが含まれていないかチェック(SEOに効果あり)

URLにキーワードを含ませることはSEOで効果がありますので、キーワードが含まれているかをチェックしましょう。数字でURLを作成していた場合は変更が好ましいですが、ドメインを変更することによって悪影響もあるので、サイト立ち上げてすぐで、コンテンツが少ない場合は変更してもよいでしょう。

タイトル内に対策キーワードがあるかをチェック(SEOで効果あり)

タイトル内に対策キーワードをいれることは非常に大切になります。タイトルを変更するだけで順位が大幅に改善され、流入が増えることがありますので、チェックが必要です。

キーワードの密度をチェック(SEOで効果あり)

キーワードとキーワードを近づけることによって狙ったキーワードで上位表示させることができます。対策キーワードが複数ある場合は、なるべく近接度を気を付けるようにしましょう。

見出しタグをチェック(H3までSEOで効果あり)

見出しタグにキーワードを入れてあるかをチェックしましょう。H3まではSEOで効果が特にあるとされています。

Strongタグが入っているかチェック(多少SEOで効果あり)

コンテンツで重要な部分にはstrongタグをいれるようにしましょう。太文字にした部分に対策キーワードが入っていれば尚いいでしょう。

ALT設定されているかをチェック(SEOで効果あり)

ALT属性が画像に設定されているかをチェックしましょう。ALTをしっかり設定することによって画像検索でも表示させることができるようになります。

ページ上部に対策キーワードが入っているかをチェック(SEOで効果あり)

サイトのページ上部に入っているコンテンツは重要であると判断されるため、対策キーワードは上部に入っているようにしましょう。

内部リンクのアンカーテキストをチェック(SEOで効果あり)

アンカーテキストはSEOで効果があります。外部からのリンクを獲得する際にもサイトが表しているアンカーテキストでリンクをもらえるとより効果があります。内部リンクも同様で、アンカーテキストを意識するようにしましょう。

内部リンクの多いページをチェック(SEOで効果あり)

内部リンクが集まっているページは大事なページであると認識され、上位に働きます。内部リンクが多いページをチェックし、CVのとれているページは特に、内部リンクを集めるようにしましょう。

中古ドメインをチェック(SEOで効果あり)

ドメイン年齢が多いサイトほどSEOで有利とされています。中古ドメインを購入してサイトを作成する方がいるほどなのですが、グーグルはドメインの所有者が変わったことも把握ができるようです。

URLの区切り方をチェック(SEOで効果あり)

URLでは単語を記入するのがSEOでよいのですが、区切り方が-でなされているかをチェックしましょう。-で区切ることによってGOOGLEに1単語1単語を認識してもらえます。

SSL化をチェック(SEOで効果あり)

httpsにURLがなっているかをチェックしましょう。セキュリティ面でもSEO面でも大切なことです。

リンクジュースの配分先(SEOで効果あり)

質の高いサイトへのリンクは自社サイトの評価をあげることにも繋がります。下手に外部リンクを増やすことはリンクジュースを流してしまうことになりますので、チェックしましょう。

モバイルに最適化されているかチェック(SEOで効果あり)

モバイルフレンドリーアップデートやモバイルファーストインデックスが導入され、モバイルに最適化させることが必須となっていますので、モバイルユーザーが使いやすいサイトになっているかをチェックしましょう。

xmlサイトマップを送信しているかチェック(SEOで効果あり)

xmlサイトマップを作成し、送信することによって、サイト内にどんなコンテンツがあるかをグーグルに知らせることができますので、正しい評価を得ることができます。

カノニカルが設定されているかチェック(SEOで効果あり)

複数のURLが存在している場合はカノニカルで、正しいURLを表記しましょう。

オリジナルコンテンツになっているかチェック(SEOで効果あり)

他人のマネをしたコンテンツでなく、オリジナル性のある記事はSEOで効果があるとされています。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。