【SEOページランク】企業様向けにSEOのページランクについて解説!

【SEOページランク】企業様向けにSEOのページランクについて解説!

今回はグーグルのページランクについてお話します。
SEO業界では過去、上位表示を目指す上でGoogleが提供するページランクというものをSEOの指標として使用していました。

SEOの歴史について知見を深めたい企業様・社長様は是非ご覧になっていただければと思います。

ページランクとは?

ページランクとは、Googleツールバーから確認する事が可能であったサイトの強さを0~10の11段階でスコアリングしたものになります。

ページランクが高いほど質の高いサイトであるとされ、検索結果で上位表示されていました。

ページランクは現在確認できない

結論から申しまして、2016年よりGoogleツールバーからページランクの確認ができなくなっています。

しかし、ページランクはツールから確認する事ができなくなりましたが、ページランクを決定づけていた項目自体は現在でも検索順位決定の為に使われています。

ページランクは何を指標にしていた?

ページランクは主に被リンクによって決定付けられていました。

被リンクでページランクが上がる

ひと昔前のGoogle検索エンジンでは被リンクの効果が非常に強く、検索結果の上位表示に働いていました。

しかし現在では、被リンクの重要性は依然として高いとはいえ、昔のように被リンクだけでは上位表示されなくなっています。

Googleのアルゴリズムを欺く形で被リンクを大量に作成(サテライトサイト)し、数で勝負していた時代もありました。

被リンクでの対策が行われ始めた時代のサテライトサイトの質はとても低く、自動作成したコンテンツ(ワードサラダ)や、海外のサイトを日本語翻訳しただけの記事投下が平然と行われていました。

コンテンツの質と量でページランクを上げる

コンテンツの量や質もページランク決定要因のひとつとなっていました。

コンテンツによって上位表示するのは現在のSEOと変わりませんが、昔以上に現在のSEO対策ではコンテンツの質を求められる傾向にあります。

※過去のSEO対策ではページランクをあげる為に、白文字に白背景の隠しテキストや、とにかくキーワードを埋め込むというSEO対策であっても上位表示が可能でした。

ページランクの代わりとなるもの

現在はページランクを調べることができませんが、ページランクの代わりにドメインオーソリティというものでドメインのパワーを調べることができます。

mozbarで調査が可能なDA(ドメインオーソリティ)は、アドインに追加後、検索結果画面のディスクリプション下に表示されます。

ドメインパワー

その他、ahrefsでもDR(ドメインランク)を確認することができます。

まとめ:【SEOページランク】企業様向けにSEOのページランクについて解説!

今回はページランクとは何かについて解説しました。

現在ページランクは廃止されている為確認することはできませんが、Googleがどんなサイトを高い評価を与えるかという根底の部分は変わっていません。

ユーザーに価値を与えるオウンドメディアを作成し、ドメインパワーを上げていきましょう!

SEOのパートナーをお探しならアガルトマーケティングまで

SEO対策・コンテンツマーケティングはアガルトマーケティングにお任せください。
記事制作のパートナーを探している企業様は是非ご連絡くださいませ。

・リンクの否認作業ー阻害リンク調査(過去100社以上の実績)
・SEO特化型コンテンツマーケティング(記事企画~制作~校正までワンストップ)
・内部改善指示書作成
・キーワード調査~順位調査
・アナリティクスアクセス解析
その他SEOに関する事であれば何なりとご相談ください。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。