ドメイン名(URL)にキーワードを含めるとSEOで影響がでる?効果的・有利になる?

ドメイン名(URL)にキーワードを含めるとSEOで影響がでる?効果的・有利になる?

SEO検定1級保持、アガルトマーケティング代表の春田です。
今回はドメイン名にキーワードを含める事でSEO効果があるのか?について解説します。

ドメイン名にキーワードを含める事でSEO効果はある!

ドメイン名にキーワードを含める事で若干ではありますが、SEOで効果はあるとされています。また、説明的な名前にすることでクロールしやすいという事は公式情報でも記載されています。

コンテンツのカテゴリや、ファイル名に説明的な名前を利用することは、検索エンジンがそれらのドキュメントをクロールしやすくなることにもつながります。

Googleスターターガイド

https://static.googleusercontent.com/media/www.google.co.jp/ja/jp/intl/ja/webmasters/docs/search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

SEOで効果のあるキーワードを含めたドメイン名の付け方

SEOで効果のあるキーワードを含めたドメイン名の付け方のポイント

・ドメインの区切り方は-(ハイフン)で区切る
・対策キーワードを記載する(英語もしくはローマ字)

やってはいけないドメインの付け方

意味のわかる単語がほとんど含まれない、極端に長く暗号めいたURLはユーザーにとって不親切なものと言えるでしょう。

解説)ドメイン名を決定する際には、ページのコンテンツを示す単語を入れるようにしましょう。例えば、SEOの記事であるのに、movieなどというドメイン名にした場合、中身がわからなくなってしまいますからね。

URLに不可解なパラメータがたくさん含まれていると、ユーザーはURLの一部が不要だと誤解してしまうかもしれません。その結果、URLの一部が削られ、リンクが適切に張られなくなる恐れがあります。

解説)不要なパラメーターは削除するようにしましょう。

今回一部ご紹介したSEOについてのGoogle公式情報

https://static.googleusercontent.com/media/www.google.co.jp/ja/jp/intl/ja/webmasters/docs/search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

まとめ:ドメイン名(URL)にキーワードを含めるとSEOで影響がでる?効果的・有利になる?

いかがでしたか?今回の記事をまとめると

・ドメイン名(URL)には対策キーワードを含めると多少SEOで効果がある
・不要なパラメーターは入れない。
・わかりやすいドメイン名にすること

という事でした。ドメインは数字のみや、ユーザーに理解できない単語では設定しないようにしてくださいね。

SEOのパートナーをお探しならアガルトマーケティングまで

SEO対策・コンテンツマーケティングはアガルトマーケティングにお任せください。
記事制作のパートナーを探している企業様は是非ご連絡くださいませ。

・リンクの否認作業ー阻害リンク調査(過去100社以上の実績)
・SEO特化型コンテンツマーケティング(記事企画~制作~校正までワンストップ)
・内部改善指示書・SEO初期調査資料作成
・キーワード調査~順位調査(GRC使用)
・アナリティクスアクセス解析
その他SEOに関する事であれば何なりとご相談ください。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。