ローカル検索広告を究極解説!Googleマップへの効率的広告配信方法

ローカル検索広告を究極解説!Googleマップへの効率的広告配信方法

アガルトマーケティング代表の春田です。

Google広告を使ってGoogleマップに広告がだせるローカル検索広告について今回は解説します。

どこよりも究極に使える情報を記載しますので、いつでも戻ってこれるようにシェアやブックマークされる事を推奨します。

ローカル検索広告とは?

ローカル検索広告とは、Googleマップに表示させる広告のことを指します。

Google の広告でビジネス拠点を表示して、ユーザーによる来店や電話による問い合わせを促しましょう。ユーザーが Google.com や Google マップで近隣の店舗(「近くにあるコーヒー ショップ」など)を検索した際に、お客様のビジネス拠点をローカル検索広告に表示することができます。ローカル検索広告を表示するには、住所表示オプションを設定する必要があります。電話番号表示オプションは、ローカル検索広告のフォーマットで表示できません。

この記事では、ローカル検索広告の概要についてご紹介します。Google でローカル検索広告を表示する方法と住所表示オプションについての詳細をご確認ください。

解説)Googleマップに掲載させるローカル検索広告を行う為には、Google広告の広告表示オプションの住所表示オプションをオンにする必要があります。

Googleマップに広告を表示させる(ローカル検索広告)メリット

来店数の増加: 店舗の近くにいるユーザーにアプローチできます。

問い合わせ電話の増加: ローカル検索広告では、ビジネス情報に含まれる電話番号を使ってユーザーが問い合わせできるオプションを設定できます。

詳細なビジネス情報の提供: ローカル検索広告は、営業時間、住所、顧客レビュー、写真などの情報が含まれるお客様のビジネス情報ページにリンクされます。

解説)店舗をお持ちであれば、来店数増加や問い合わせの電話を増やしたいと思いますよね?もし、店舗集客でGoogle広告を活用するのであれば、ローカル検索広告は必ず行う!という事は覚えてください。近くの〇〇を調べる際に皆さんもGoogleマップを使用すると思いますが、Googleマップに掲載した広告からアクションする確率は高いです。

Googleマップに広告を表示させる(ローカル検索広告)デメリット

店舗をお持ちであれば、間違いなく設定した方が良い表示になりますが、店舗でサービスの実施をしていない商材の場合は設定する必要はないでしょう。特にデメリットはありませんが、強いて言えばローカル検索広告は効果測定のできるレベルがまだまだ低いという点です。

ローカル検索広告を利用するとGoogleマップのどこに掲載されるのか?(モバイル/スマホ編)

ユーザーが Google.com で近隣の店舗を検索した際に、ビジネス拠点をローカル検索結果の上部に表示できます。

解説)MEO(マップエンジン最適化)対策をしたローカル情報よりも上部に掲載させる事ができます。もちろんローカル検索広告の場合はMEOとは違い、クリックで費用が発生しますので、MEO対策も合わせながらローカル広告を配信し、MEOで上位表示されたらローカル検索広告は配信ストップという選択でも良いかもしれません。

ユーザーが Google マップのモバイルアプリで同様の検索を行った際にも、ビジネス拠点が記載された広告を表示することができます。

解説)Google検索エンジン上だけでなく、Googleマップのアプリにも広告を配信できるという事ですね。

解説)上記画像では紫背景でADと記載されている箇所がローカル検索広告になりますが、日本の場合は黒色太文字で「広告」とあまり目立たない形で記載されます。

ローカル検索広告を利用するとGoogleマップのどこに掲載されるのか?(パソコン編)

ユーザーが Google.com で近隣の店舗を検索し、ローカル検索結果で [もっと見る] をクリックした際に、ビジネス拠点をローカル検索結果の上部に表示できます。

解説)下記画像ではADが記載されているNYC Coffee Houseがローカル検索広告の結果ですね。検索キーワードはcoffeeになっていますが、どのようなキーワードでユーザーが検索した際に表示させるかは設定する事ができます。※テキスト検索型広告よりもアンコントローラブルではあります。

ユーザーがパソコンで Google マップから同様の検索を行った際にも、ビジネス拠点を表示することができます。

Local search ads on Google Maps for desktop

どのようなタイミングでローカル検索広告の費用が発生するの?

検索型広告では、単純に広告がクリックされたタイミングで課金されるのはわかるが、ローカル検索広告の場合は?と思われる方もいるのでは?

ローカル検索広告での下記のクリックには、標準のクリック単価(CPC)が課金されます。

[場所の詳細を取得] のクリック

[ルート検索] のクリック

モバイルの Click-to-Call のクリック

ウェブサイトのクリック

解説)ローカル検索広告の場合は上記のアクションに対して費用が発生するという事ですね。

Google広告でローカル検索広告を配信する為には住所表示オプションをON!

Google マップで検索広告を表示するには:

Google 広告 アカウントの住所表示オプションを有効にします。 詳細

解説)住所表示オプションは、Google広告ログイン>広告と広告表示オプション>広告表示オプション>+マーク>住所表示オプション。

Google マイビジネスのリスティングの設定や更新を行います。 リストをまだ作成していない場合は、Google マイビジネスのリスティングを設定します。既にリストを設定済みの場合は、情報が正確であることを確認します。詳細

解説)住所表示オプションを使用するには、Googleマイビジネスに登録する必要がありますので、事前にGoogleマイビジネスに登録して設定しておきましょう。MEO対策から先に行うとスムーズですね。

設定できるところは全て設定しましょう!写真~定休日~電話番号など

ターゲット地域の設定を使用して地域別に入札します。 特定の地域をターゲットに設定し、地域に応じて入札単価を設定します。お客様のビジネスの近くにいるユーザーに対して入札単価を引き上げるようにしてください。詳細

解説)ターゲット地域の設定はローカル検索広告を利用する際には必須です。店舗から半径3km 5km 7km 10km 13kmのように半径指定しましょう。さらに、半径の近いkmは入札単価調整比を上げるのもおすすめです。

さらに、地域を設定した際の地域設定デフォルトが、指定した地域に興味関心のある人にも広告が配信されてしまう為、次のような設定もしましょう。

キャンペーンを選択>設定>地域をクリック>地域の設定をクリック>ターゲット地域に所在地があるユーザーと、ターゲット地域を定期的に訪れているユーザーをクリック

上記設定をすることで、半径指定した地域にいるユーザーに配信することができるので、よりユーザーの密度は高まります。

たとえば、キーワードの入札単価を 100 円に設定しているとします。ここで、住所表示オプションの周辺 5 キロ圏内をターゲットに設定して、その半径での入札単価を 50% 引き上げるようにすると、入札単価は 150 円になります。これに加えて、住所表示オプションの周辺 3 キロ圏内を別途ターゲットに設定して、入札単価を 75% 引き上げるように設定すれば、そのエリアでの入札額は 175 円になります。

3 キロ圏内のユーザーに広告を表示する機会があった場合、入札単価は 175 円になります。半径 3 キロと半径 5 キロの間のエリアにいるユーザーに広告を表示する機会があった場合、入札単価は 150 円になります。これによって、ビジネス拠点からの距離に応じて異なる入札単価を使い分けることができます。

キーワードを最適化します。 ビジネス拠点やユーザーが地元で探しているものに関連するキーワードをキャンペーンで使用します。詳細

解説)キーワードの最適化については、例えば居酒屋であれば、「船橋 居酒屋」などの地域ワードを含んだクエリや「近くの居酒屋」「近く 居酒屋」などのキーワードも追加するようにしましょう。

ローカル検索広告はコントロールしにくいので、こういった設定は大切になります。

Googleマップに広告配信するローカル検索広告の効果測定は?

ローカル検索広告の効果測定は正直のところGoogle広告画面でそこまで精度は細かくありません。
ローカル検索広告のみの集計で表示回数をだすことや、ローカル検索広告のみの費用を集計はできずにまとめられてしまいます。

効果測定として確認できるのは、大きく分けて分割機能を使用する方法と、コンバージョンアクション(ローカルアクション)を確認する方法の2つになります。

分割機能を使用してローカル検索広告を効果測定する

Google マップの検索広告の効果を把握するには、掲載結果データを確認します。検索広告のクリックには次の 3 種類があります。

[場所の詳細を取得] のクリック: 検索結果リストから広告をクリックして展開した場合

[ルート検索] のクリック: 店舗へのルートをクリックして検索した場合

モバイルの Click-to-Call のクリック: クリックして店舗に電話をかけた場合

Google マップで検索広告のクリック成果を確認するには:

1.[キャンペーン]、[広告グループ]、[広告]、または [キーワード] を開きます。

2.分割アイコン Segment をクリックし、クリックタイプを選択します。

コンバージョンアクションを使用してローカル検索広告を効果測定する

Google広告にログイン>ツールと設定>コンバージョン>ローカルアクションを確認。

通常は、コンバージョン設定をタグマネージャーなどを使用して設定する必要がありますが、ローカル検索広告の場合は、住所表示オプションでの紐づけができれば自動的にローカルアクションのコンバージョンは設定されます。(ローカルアクション)

※「コンバージョン列に含める」はデフォルトでいいえになっています。

Googleマップ対策のローカル検索広告の効果を最大化させる為には

・Googleマイビジネスの情報を隅々まで記載する
・地域設定は半径指定で、近い地域は入札単価を調整
・何歳?男性?女性?のユーザー属性を絞ること
・キーワードは地名キーワード&近くの●●を追加

今回ご紹介したGoogle公式情報

今回ご紹介したローカル検索広告に関するGoogle公式情報は下記になります。

https://support.google.com/google-ads/answer/3246303

まとめ:【ローカル検索広告究極解説】Googleマップに広告をだす方法とメリット・デメリット

いかがでしたか?Googleマップに表示させる広告の事をローカル検索広告と言い、広告表示オプションの住所表示オプションを設定すれば配信可能という事でした。住所表示オプションさえONにできれば他に何か特別な事をしなくてもローカル検索広告を配信できるようになります。細かいコツは先述した通り、地域の半径指定やキーワードに地域名をいれるなどの設定をしていただければと思います。

Google広告運用のスペシャリストにご連絡を

Google広告の運用代行はアガルトマーケティングの春田にお任せください。

広告運用のパートナーを探しているなら是非ご連絡を。

また、Google広告を現在運用されている場合、Google広告のセカンドオピニオンも行っています。

アガルトマーケティング代表-春田-

保険会社営業職を経て、SEO専門のWebマーケティング会社に転職。Webサイト制作やコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングディレクターを行う。これまでに100社を超えるSEO施策、またコンテンツマーケティングに携わっている。 ▼Webマーケティング保有資格 SEO検定1級 Googleアナリティクス個人認定資格 その他Google公認資格多数保持

コメントは受け付けていません。